東和銀行のカードローンを利用して、ロードバイクを買いました

 

自分自身の趣味と健康を兼ねて、ロードバイクを買うことにしたのですが、東和銀行のカードローンからお金を借りて支払いました。

 

【1】自分の健康と趣味を兼ねて、ロードバイクを買うことにしました。

 

自分は長年、無趣味のまま、ほとんど仕事一筋で生活してきました。休みの日は、自宅でゴロゴロしているか、喫茶店に行って新聞を読むか、文庫本を読むといった程度の気晴らしで満足するような生活を20年近く過ごしていました。しかし、最近、NHKの衛星放送で、自転車のロードバイクのレースを放送していたり、ロードバイクの愛好家を扱った番組を放送しているのを何度か見て、自分もロードバイクに乗りたいなと思うようになりました。また、自分は運動不足という自覚はありましたので、何か運動をすべきだなという思いも持っていたのです。そこで、自分の健康と趣味を兼ねて、ロードバイクを買うことにしました。

 

【2】ロードバイクは値段が高くて驚きました

 

ロードバイクといっても、いろいろあります。価格帯も数万円代のものから、100万円するものまであります。自分の感覚としては、スーツやビジネスコートを買うときも、高い価格のブランド品を買って、長年使うことにしています。高い品物は、品質が良いので長年使えるという考え方なのです。そこで、ロードバイクについても高い価格帯で、品質の良さそうなものを買うことにしました。会社の同僚に、ロードバイクに乗る人がいましたので、どういうロードバイクが良い品質なのかも聞いてみて、専門店で買うことにしました。結局、価格が50万円もするロードバイクを、思い切って買うことにしました。高い金額のものを買えば、3日坊主にはならないだろうと思いました。

 

【3】東和銀行のカードローンで支払うことに

 

ロードバイクの購入代金の支払いですが、私がメインバンクとしている東和銀行のカードローンを利用することにしました。全国的には知られていない銀行ですが、私の地元の群馬県南部の地域では、親子代々で利用している方が多い銀行なのです。借り入れの申し込み金額は50万円ですので、金利は14.6%となりました。月々の返済額は、1万円ぴったりですので、返済に無理が生じることはありません。借り入れにあたっての金利分は、自分自身の健康増進費用と思えば、苦にはなりません。

 

東和銀行は中堅規模の銀行で、群馬県と埼玉県を地盤にしている銀行ですが、そういった銀行だからこそ利用者の相談には親身に応じてくれます。邪険に対応されることはありませんので、借り入れニーズがあるときは相談してみることをお勧めしたいと思います。